日経新聞M&I「住宅ローンの賢い返し方」

日経新聞に取材協力いたしました。

 

掲載は2月9日(土)M&Iコーナーで、

テーマは「住宅ローンの賢い返し方」です。

繰上返済について。

 

繰上返済か住宅ローン控除か。

現在のように低金利の時期にはどう考えればいいのでしょうか。

小松英二氏のシミュレーションもあり

1つの判断材料になるのではないでしょうか。

ぜひご一読くださいませ。

 

住宅ローンの賢い返し方~減税効果の相殺に注意~  

 

2019年2月の住宅ローン金利

2019年2月の住宅ローン金利は、

長期金利(10年もの国債)が下がった影響で、

フラット35や全期間固定、10年固定が低下と変わらずが混在でした。

一方、変動金利は今月も全く動きなしです。

 

★当方サイトに住宅ローン金利データ公開中

2019年2月の金利

 

★カカクコムで

住宅ローンの金利動向のコラムを書かせていただいています。

・カカクコム 2019年2月の金利

 

よろしければチェックしてくださいね!

 

1月末に、

ノムコムの住宅ローンコラムが公開されました。

復帰後第1弾は

「2019年大予想!住宅ローンの金利はどうなる?」

です。

小松英二氏と深野康彦氏にご協力いただき、

今年の住宅ローン金利はどうなるかを予想しています。

 

そして…このタイミングで借りるなら変動か固定か?

という禁断の質問も!

お2人の回答は…果たして!?

 

先日、取材にいらした記者さんも

ご夫婦で真っ二つに割れているとおっしゃっていましたが、

ここまでくるもはや宗派の違いだと思います^^

「2019年大予想!住宅ローンの金利はどうなる?」

 

住宅ローンは

「いくら借りられるか」ではなく

「いくらなら無理なく返せるか」

が大事です!

 

新宿タイガーさんに会いました

過日、

新宿で仕事の打ち合わせがあり、

少し早すぎたので、

時間調整でドトールへ。

 

入ろうとしたら、

寒いのに外でお茶をしている

おじさまがいました。

 

たくさんのぬいぐるみに囲まれ

髪はピンク。

タイガーマスクのお面は

最初ははずしてました。

 

「お写真よろしいですか?」

というと、

おもむろにタイガーマスクのお面を装着。

写メを撮り終えると

映画のチラシをいただきました。

 

なんと、

こちらの新宿タイガーさん、

実は著名な方で、

ドキュメンタリー映画の主人公に

なっているのです!

 

映画は3月22日に封切りされるようです。

気になる方はチェックですね!

新宿タイガー

 

ソニー銀行勉強会でAI審査について伺いました

ソニー銀行の勉強会に参加しました。

 

AIを活用した住宅ローン審査の現状について

お話を伺いました。

 

人間が行っていた審査の情報をベースにしているので、

AI審査といっても

結果には従前と大きな変化はないようですが、

年収倍率が7倍などと高い方でも

スムーズに通るケースが増えたそうです。

人間だと倍率の高さが気になって、

稟議書などで対応していた案件でも

AIは迷わず「可決」してくれるそう。

 

スピーディな判定が出るようにはなったものの、

信用情報にアクセスできない時間帯

(平日22:00~8:00など)は

AI君も稼働できず。

そこが1つ、ネックのようです。

また、データが十分でない、

ペアローンや個人事業主の審査については、

人間が対応しているなど、

課題もまだあるとのことでした。

 

その他、

住宅ローンや団体信用生命保険の新商品についての

お話も伺いました。

 

最近の傾向として、

物件が高額化した影響でペアローンが増え、

新規の1/3を占める、という話は驚きました(@_@)

ペアローンは離婚しない前提でご利用を!

 

団信では、

50歳未満なら無料で「がん団信50」が付くため、

新規の63%は「がん団信50」だそう。

がんと診断されるとローン残債が半分になります。

一方で、金利+0.1%負担の「がん団信100」も

利用が増えているそうです。

 

何といっても、

金利が前月の中旬に決まって発表されるのが

ソニー銀行の住宅ローンの特徴の1つ。

金利が上がったら

固定金利期間を設定するつもりの方には

候補となる住宅ローンですね!

 

 

 

 

日経DUALで中学受験に関する記事に取材協力しました

過日、取材協力させて頂きました記事が、

公開されました。

 

日経DUAL 子育て・教育コーナー

「性格・お金…中学受験するか否か6つの項目で判断」

 

中学受験する?しない?

判断するための6つのポイント。

そのうちのお金に関する部分について

コメントさせていただきました。

なかなか切実な部分でもあります。

 

記事を書かれたのは、

ご自身が子育て真っ最中で、

FPでもあるライターの西山美紀さんです。

いつもながら読みやすいです!

 

【掲載記事】

「性格・お金…中学受験するか否か6つの項目で判断」

 

*画像は二宮金次郎@小田原。本文とは全く関係ございません。

 

教育資金セミナー@木更津

年明け最初のセミナーは、

子どもマネー総合研究会のお仕事で

木更津へ行って来ました。

東京駅から高速バスで1本でした(アクアライン経由)。

 

教育資金とライフプランについてのお話で

タイトルは

「教育資金の勉強会 ~子どもの将来、私の将来~」

 

ご依頼下さった若手男性職員の方が

付けられたものですが、

ママ・パパにはぐっとくる

よいタイトルだったと思います。

実は当日お会いするまで

女性の方だと思い込んでました(@_@)

 

参加された方は、

お子さまが幼稚園から高校生までと

範囲が広かったので

広めのお話になりました。

 

今回の講座では、

日本学生支援機構の無利子奨学金を利用するには

高校の成績が(5段階で)3.5以上、

という部分と、

わが子に国公立大学に進学してもらう超絶裏ワザ?

がママたちのツボにはまっていたようです。

 

12月に行った教育資金セミナーでは

「教育費をかけない進学ワザ」

の部分で盛り上がった印象でした。

 

講演・セミナーは生ものだなあと実感しています。

そこが面白いんですけどね!

 

2019年1月の住宅ローン金利

2019年1月の住宅ローン金利は

長期金利(10年もの国債)が下げた影響で、

フラット35や全期間固定、10年固定で全面的に下がりました。

 

一方、変動金利は今月も全く動きなしです。

 

★当方サイトに住宅ローン金利データ公開中

2019年1月の金利

 

★カカクコムで

住宅ローンの金利動向のコラムを書かせていただいています。

・カカクコム 2019年1月の金利

 

よろしければチェックしてくださいね!

 

また、今月から、

以前担当させていただいていた

ノムコムでの住宅ローンコラムが再開します。

復帰後第1弾は

ゲストF氏とK氏が登場する、アノ人気企画です^^

公開されたらお知らせしますね!

 

住宅ローンは

「いくら借りられるか」ではなく

「いくらなら無理なく返せるか」

が大事です!

 

事務所移転のお知らせ

こんばんは、

年賀状をまだ1枚も出せていない豊田です(-_-;)

はがき抽選の前に出せない場合は

諦めるかもしれません。

 

ところで、

突然ですが、

2019年1月4日に事務所を移転しました。

気持ちを新たに、

業務に邁進していきたいと思います。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

<新住所>

〒101-0048

東京都千代田区神田司町2-13-418

サイトへ

 

<最寄り駅>

丸の内線 淡路町駅 A4口 1分
都営新宿線 小川町駅 A4口 1分
千代田線 新御茶ノ水駅 A6口 3分
JR・銀座線 神田駅 5番口 6分
JR御茶ノ水駅 聖橋口 9分
各線大手町駅 A2口 9分

 

今後ともどうぞ宜しくお願いいたしますm(__)m

PRESIDENT「大予測!2019年」

年末に発刊されたPRESIDENT新春号「大予測!2019年」、

こちらに取材いただいた記事が掲載されました。

 

住宅ローンの繰上返済について、

どう考えるべきか、という内容の取材でした。

 

中長期に使用する予定のある資金でないなら返済するのが基本ですが、

運用が得意なら、資金効率の点から運用に回すのも一計でしょう。

団信部分を保険の一部と捉えて継続するのも一計。

 

ご家庭の考え方やリテラシー次第だと思います。

 

 

新年明けましておめでとうございます

2019年、

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

*写真は鏡餅ならぬ鏡猫。頭の上は無理でした(-_-;)

 

今年は私たちの生活が

ドラスティックに変化する年になりそうです。

元号が変わり、

オリンピックを来年に控えてわくわくする中、

10月には、消費税が10%にアップ。

増税対策が手厚く実施されますが、

キャッシュレス化は混乱やセキュリティ問題を伴いそう?

 

ほかにも、

出入国管理法改正で移民が増え始め、

「隣人は外国人」なんてことも。

また、働き方改革で残業が減る人がいる一方で、

「高プロ」は際限なく働くことに…。

また、民法改正もあり、

インパクトある変化が押し寄せます。

 

一方で、アメリカの景気後退や中国の成長鈍化で、

世界的に景気が減速するとの予想も多いようです。

(こういうときこそ投資・積立投資のチャンス?)

 

激動の年になりそうな2019年ですが、

乗り切るためのよりよい方法を

一緒に考えていけたらと思っています。

役立つ情報発信もできるようにしていきたいです。

 

ちなみに、

個人的な課題はというと、

ポートフォリオワーカーとして、

「ワーク&家庭責任&学業&ちょっぴりライフのバランス」

を図っていくこと。

あとは、健康とダイエット(@_@)

 

今年も楽しい1年にしましょう^^

 

★年末に取材を受けた記事が公開されました。

価格.comマガジン

「駆け込む」べきか「待つ」べきか。消費税10%時代の賢い買い方を考察

住宅は、家計の準備と物件との出会いが整うことが大事だと思います。