FPラウンジお知らせ

マンガでわかる 赤ちゃんができたら知っておきたい教育資金の本

赤ちゃんができたら知っておきたい 教育資金の本』が、

10月17日、

C&R研究所より発売されました。

原稿の多くを書かれたのは、

保険ソクラテス編集部のOさん。

私はFP事務所を10年ご一緒した元同僚

吹田 朝子さんとの共同監修(一部執筆)で

関わらせていただきました。

この本の最大のウリは、

私も大ファンのソクラ哲氏が登場するマンガ。

妻のクサンティッペとのやりとりが

何ともシュールで

個人的にはツボってます。

メチャクチャ笑えて、

とっても役立ちます。

マンガと併せてテンポよく読めるので、

プレママ・プレパパ、

新米ママ・新米パパに向きます。

「出産プレゼント」として差し上げても

喜ばれること間違いなし!

ソクラ哲・クサンティッペ夫妻に

心震えた人は、

私と分かり合える方です^^

お値段は2030円+税と

ちょっとお高めですが(汗)、

絵本のように何度も読み返して

じっくり楽しめ、そして学べます。

ちょっとクセになる素敵な本です^^

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

赤ちゃんができたら知っておきたい 教育資金の本 [ 保険ソクラテス編集部 ]
価格:2233円(税込、送料無料) (2019/10/24時点)

楽天で購入

 

相談料やセミナー料のPayPay払いが可能になりました!

このところ、

仕事難航中で余裕のない日々を送っております。

空回りもあって少々やさぐれてます(-_-;)

 

そんなときに届いた郵便物。

そういえば、6月に申し込んでいたのでした。

中身は、PayPayのQRコードやマニュアルなど。

 

昨日、不在だったため、

受け取りがずれましたが、

晴れてPayPay事業者となりました^^

 

ロゴマークが設定できたので、

この、とよにゃんこ☆にしました。

こう見えて招き猫です^^

 

今後は、当方のご相談やセミナーなどを

ご利用いただく際には、

PayPay払いが可能になりました。

 

個人事業主や個人商店の方で、

QRコード決済について迷っている方の

スカイプ相談なども承ります

(PayPay払いでお願いします!)。

 

8月以降はいろいろ企画したいです。

 

『他人には聞けない 最新版 夫が亡くなったときに読む本』

令和になって初の投稿です。

 

書籍の改訂版が発売されます。

平成最後の4月はこの仕事に追われました。

 

『他人には聞けない 最新版 夫が亡くなったときに読む本』

版元は日本実業出版社です。

 

初版は2005年。

改訂しながら長く頑張ってきた書籍です。

今回は大改訂となり、

書籍名も、ダメモトでお願いしたところ、

『夫が死んだときに読む本』改め、

『夫が亡くなったときに読む本』

となりました。

それでもちと強烈ですね(*_*;

 

相続法の改正等も反映し、

情報も最新になっています。

家族が亡くなった直後から、

葬儀のこと、

待ち受ける手続きのこと、

相続のこと、

そして生活再建まで、

1冊にまとまっています。

 

「もしも」が起きた後だけでなく、

起きる前の「リスクマネジメント」として

読んでいただけたら嬉しいです。

 

この書籍、私の名前だけになっていますが、

本来は共著本のはずでした。

2章、3章は故・小川千尋さんの

原稿を使わせていただいています

(著作権は小川さんのご遺族です)。

 

小川さんは、改訂作業が始まった直後に

突然、天に召されてしまい、

その後の作業を

私の方で引き継がせていただきました。

 

小川さんも天国で心配されていたと思いますが、

無事に発売までこぎつけましたよ!

 

急な事態の中、

予定通り4月末責了までたどり着けたのも、

ベテラン編集のY様のご尽力と

ご協力くださった

税理士・社労士の中島典子様、

葬儀会社の(株)フューネ代表取締役の三浦直樹様、

皆様のお力添えをいただいたからこそです。

心より感謝申し上げます。

 

小川さんも天国でほっとされていることでしょう。

 

細く長く、多くの方に役立つ

本であってほしいと願います。

 

 

2019年1月の住宅ローン金利

2019年1月の住宅ローン金利は

長期金利(10年もの国債)が下げた影響で、

フラット35や全期間固定、10年固定で全面的に下がりました。

 

一方、変動金利は今月も全く動きなしです。

 

★当方サイトに住宅ローン金利データ公開中

2019年1月の金利

 

★カカクコムで

住宅ローンの金利動向のコラムを書かせていただいています。

・カカクコム 2019年1月の金利

 

よろしければチェックしてくださいね!

 

また、今月から、

以前担当させていただいていた

ノムコムでの住宅ローンコラムが再開します。

復帰後第1弾は

ゲストF氏とK氏が登場する、アノ人気企画です^^

公開されたらお知らせしますね!

 

住宅ローンは

「いくら借りられるか」ではなく

「いくらなら無理なく返せるか」

が大事です!

 

事務所移転のお知らせ

こんばんは、

年賀状をまだ1枚も出せていない豊田です(-_-;)

はがき抽選の前に出せない場合は

諦めるかもしれません。

 

ところで、

突然ですが、

2019年1月4日に事務所を移転しました。

気持ちを新たに、

業務に邁進していきたいと思います。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

<新住所>

〒101-0048

東京都千代田区神田司町2-13-418

サイトへ

 

<最寄り駅>

丸の内線 淡路町駅 A4口 1分
都営新宿線 小川町駅 A4口 1分
千代田線 新御茶ノ水駅 A6口 3分
JR・銀座線 神田駅 5番口 6分
JR御茶ノ水駅 聖橋口 9分
各線大手町駅 A2口 9分

 

今後ともどうぞ宜しくお願いいたしますm(__)m

新年明けましておめでとうございます

2019年、

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

*写真は鏡餅ならぬ鏡猫。頭の上は無理でした(-_-;)

 

今年は私たちの生活が

ドラスティックに変化する年になりそうです。

元号が変わり、

オリンピックを来年に控えてわくわくする中、

10月には、消費税が10%にアップ。

増税対策が手厚く実施されますが、

キャッシュレス化は混乱やセキュリティ問題を伴いそう?

 

ほかにも、

出入国管理法改正で移民が増え始め、

「隣人は外国人」なんてことも。

また、働き方改革で残業が減る人がいる一方で、

「高プロ」は際限なく働くことに…。

また、民法改正もあり、

インパクトある変化が押し寄せます。

 

一方で、アメリカの景気後退や中国の成長鈍化で、

世界的に景気が減速するとの予想も多いようです。

(こういうときこそ投資・積立投資のチャンス?)

 

激動の年になりそうな2019年ですが、

乗り切るためのよりよい方法を

一緒に考えていけたらと思っています。

役立つ情報発信もできるようにしていきたいです。

 

ちなみに、

個人的な課題はというと、

ポートフォリオワーカーとして、

「ワーク&家庭責任&学業&ちょっぴりライフのバランス」

を図っていくこと。

あとは、健康とダイエット(@_@)

 

今年も楽しい1年にしましょう^^

 

★年末に取材を受けた記事が公開されました。

価格.comマガジン

「駆け込む」べきか「待つ」べきか。消費税10%時代の賢い買い方を考察

住宅は、家計の準備と物件との出会いが整うことが大事だと思います。

 

ご相談予約は新年以降となりますm(__)m

こんにちは、FPの豊田です。

 

個人的な事情により、

勝手ながら、年内の新規のお客様のご相談予約は

ストップさせていただいております。

2019年1月中旬以降のご予約のみ承っております。

 

現在、ご予約いただいておりますご相談者様と、

家計ブートキャンプで家計の見直しに取り組まれていらっしゃる方のみ

責任をもって年内サポートさせていただきます。

 

年末年始は家計や人生について考える絶好の機会でもありますが、

申し訳ございません・・・

お申し込みを頂戴してもご予約は1月中旬以降となりますこと、

ご容赦くださいませ。

 

新規で家計ブートキャンプへの参加をご希望される方も、

恐れ入りますが、初回ご面談は1月以降となります。

 

大変申し訳ございません。

ご理解のほどお願い申し上げます。

 

明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

これから数年の間に、

加速度的にAIやロボットなどが

生活の中に浸透し始めるようです。

 

金融も、日本で遅れていたキャッシュレス化が一気に進み、

現金を使うシーンが減りそうです。

 

私たちの生活や、あるいは価値観にも、

大きな変化がもたらされる可能性があります。

 

どのような2018年になるのでしょうね。

 

どんな変化があっても

皆様にとって

ハッピーな1年になりますことを

心よりお祈りしております。

 

*写真は打ち合わせの際に立ち寄った愛宕神社。初めて出世の石段を登りました。

 

『田舎の実家の片づけ方』について

めったにやらないのですが、

自分の過去記事を探すために

自分の名前をキーワードに加えて検索をしたら、

なぜか身に覚えのない「著書」が・・・

 

著者が2名でうち1名が私の名前になっています。

いよいよ書いた本のことも忘れたか。

やばいぞ、ワタシ!と思ったのですが

やっぱりどう考えても書いてません。

 

そういえば、以前も2回くらい見かけたものの、

気のせい?と思ってスルーしていたのでした。

 

しかし、今回はがっつり見つけてしまいました。

 

これは問題では?と思ったのは、

私の名前のみの検索だと

かなり上位にこの書籍ページが出てきていたのです。

自分の本当の著書のいずれよりも上でした。

 

しかも、出版社のこの本のページで

「購入する」を押すとAmazonのカートに入り、

著者を再確認することなく購入できてしまいます。

 

あまりないでしょうけれど、

私の名前で検索したら、この本が出てきて、

「豊田さんの本なら買ってあげようかしら」と

ぽちっと押して購入してくださったのに、

届いたら別人の本。

「あれれ?まちがえたかなあ?」

という、不思議な現象が起こりうる仕組みができていたわけです。

2013年発行なので、4年近くの間(@_@)

 

洋泉社さんにご説明をうかがったところ、

最初は私が著者候補だったらしく?

当初の企画書には私の名前が入っていたのだそう。

(全く打診を受けてませんので、内部的にですね)

 

で、本が発売になった際に、

営業の方が、企画書を見て私の名前でサイトに本を紹介したそうです。

通常、営業の方はAmazonなども同時に入力するため、

本来はそこで気付くはずが、

たまたまHPとAmazonの入力担当が別だったとのことで

偶然が重なったそうです。

 

そんなこんなで、このような訂正文を出してくださいました。

実は勘違いして購入してたの、という方がいらした場合

(ほとんどいないと思いますが、念のため^^;)

洋泉社さんへご連絡してくださいね!

2013年11月16日発行の『田舎の実家の片づけ方』
弊社書籍紹介サイトに、上記書籍の著者として豊田眞弓氏を誤って記載しておりました。
豊田眞弓氏は、当該書籍に一切関わっておりません。
豊田眞弓氏ならびに読者の皆さまに謹んでお詫び申し上げます。
豊田眞弓氏の書籍と誤ってご購入されたお客様は、書籍とレシートまたは購入履歴を併せて弊社までお送り下さい。書籍代の返金を致します。
この件に関してのお問合わせは、株式会社洋泉社までお問合わせ下さいますようお願い申し上げます。
03-5259-0251(代表)
東京都千代田区神田駿河台2-2
株式会社洋泉社

 

*写真は通りがかりの山形展@上野。本文とまったく関係ございませんm(__)m