クレジットカード・デビットカード

固定資産税をnanakoで支払ってみました

nanakoで固定資産税の支払いができることを

知ってはいても、

未経験だったのですが、

やってみました^^

 

口座振替に設定してあった分の手続きが間に合わず、

2期以降分となりました。

まとめ払いのメリットはないので、

忘れないなら4回に分けて払っても問題ないですね。

 

ということで、

連携しているクレジットカードからnanakoへチャージを行い、

翌日、セブンイレブンへ。

チャージが完了していたので、

固定資産税の支払いを決行。

 

……などという大げさなこともなく、

店員さんがバーコードでピッ。

nanakoカードで難なく支払い完了。

簡単でした。

 

nanakoで支払った分にポイントはつかないものの、

クレジットカードからnanakoにチャージした分には付きます。

ただし、できないクレジットカードもあるようです。

 

以前は別の裏技?を使い、

クレジットカード払いをしていましたが

それにしても、カード払いのコストが気になっていました。

環境的に変化がない限り、

今後はnanako払いにしていこうと考えています。

 

お恥ずかしい失敗談(-_-;)~Amazon Kindle

お恥ずかしいお話、

ちょっとやってしまいました。

 

クレジットカードの明細をチェックしていたら、

「AMAZON DOWNLOADS 980 円」

という請求が。

何かダウンロードしたっけな?と思いつつ、

また来たら確認しようなどと放置していました。

 

980円という微妙な額でもあったため、

忙しい中では優先順位が下がっていたのも事実です。

しかし、数カ月続いていると気づいて、

今日は連絡してみました。

 

数年前、別件でAmazonに連絡した際の記憶で、

メールでしか連絡が取れず、

しかもレスが遅いという印象があったので

ややうんざりしながらサイトを検索したら、

ヘルプ&カスタマーサービスがヒット。

 

この中で、「その他」から該当しそうなものを選んで

さらに概要で「心当たりのない請求があった」を選び

電話番号を入力したら、即、電話がかかってきました(@_@)

 

以前は私がたどり着けなかったのか?

あるいはその後改善されたのでしょうか?

いずれにしてもストレスなく連絡できました。

 

さて、肝心の原因ですが、

1回だけkindleの無料体験を利用したことがあるのですが、

その際に、「自動更新」がデフォルトになっていて、

それをオフらずに登録したのだそうです(⇒自覚なし)。

で、翌月から入会状態だった、とのこと。

 

履歴を確認してくださったのですが、

その後1度も利用していないことが判明したため、

これまでの月会費を返金していただけることになりました。

 

注意不足は大人として恥ずべきことですが、

(どこかに自動更新のことが書かれていたという前提ですが)

全く利用していないお金が戻るのはうれしいこと。

 

同じような「ミス」を犯している人がいるかもしれませんので、

ブログにアップしました。

「無料サービス」を利用する際には、

「自動更新」となっていないか

しっかりチェックをしましょう!

私もですが(-_-;)

プライオリティパスをゲットしました

少し前ですが、

プライオリティパスが届きました。

 

ある朝急に激しいめまいに襲われ、

初めて救急車に乗ったのが昨年の夏。

以来、しばらくは飛行機どころではなく

控えていました。

1年で解禁したものの、

旅行が中止になったりして

行けないままでした。

 

ですが、今後は仕事の関係もあって、

少し動くことになりそう(^^)

 

ということで、

ラウンジ利用と旅行保険のために

楽天カードをプレミアムに切り替えました。

 

その後、手続きをしたら届いたのが

このプライオリティパス。

 

年3回くらい使用して

モトをとりたいものだと思っています。

 

不思議なことに、

このカードが届いてから、

飛行機で行く国内の仕事も増え始めた気が・・・

ありがたいことですm(__)m

 

写真は渋谷ハチ公前のイルミネーション。

キティちゃんがモチーフ。

 

 

固定資産税をクレジットカードで払ってみました

5、6月は痛~い連続出費の季節(T_T)

国民年金と国民年金基金の年払いに、

昔入った個人年金保険や医療保険の年払いも重なります。

そしてとどめが、固定資産税。

 

固定資産税にはまとめ払いの割引などはないため

4期分割にしていましたが、

今年から税金のクレカ払いが可能になったため、

トライしました。

クレカの取材を受けることもあり

研究の目的もあります。

続きを読む

デビットカードが家計を変える

過日、Visaワールドワイドジャパンへ行って来ました。

Visaデビットカードに関して、Visaさんと金融機関3行(東京三菱UFJ銀行、ソニー銀行、ジャパンネット銀行)のプレゼンを聞き、さらに参加FPのグループディスカッションなどを行いました。

続きを読む