マスコミ掲載・出演

赤ちゃんができたら考えるお金の本2018年版

ベネッセ・ムック たまひよブックス

「赤ちゃんができたら考えるお金の本」

2018年版が10月に発売されました。

 

子どものお金の情報が、

ぎゅぎゅっとまとめられている

ムック本です。

 

この中の企画の一部を

監修・執筆させていただいています。

 

 

お子さんが誕生したら、

というよりも、

まだ時間的な余裕のある

プレママ期から読んでいただき、

お金の不安を

少しでも解消していただけたら

嬉しいです!

 

 

お子さんがいるご家庭で

一家に1冊あると

大いに役立つこと間違いなし!です(^^)/

 

赤ちゃんができたら考えるお金の本 2018年版 (ベネッセ・ムック たまひよブックス)

ブレイクスルーな賞をいただきました

ホントに私でよかったのかわかりませんが、

こんなすてきな賞をいただきました‼

 

最も魅力的なタイトルのセミナーに贈る賞。

 

タイトルをお褒めいただきました。

編集部さんの発想の柔軟性に驚きつつも、

個人的にはとってもうれしいです。

 

賞を下さったのは、

近代セールス社「FA」誌様。

FAはファイナンシャルアドバイザーの略で、

雑誌のコピーは

「ファンいっぱいのFPになるための情報誌」。

最近特に、エッジが効いていて

面白くなった気がします。

 

ハルクみたいなトロフィーには

殻を破れ!ブレイクスルーだ!という

メッセージがこめられているそう。

怖いくらいにパワーが溢れでていて

お尻を叩かれている気になります。

精進いたします(^^)

 

表紙は明治安田生命の

山本英生さん。

長年FP手帳を愛用している企業内FP

として表彰されました。

私も、毎年FP手帳使わせていただいてま~す。

 

レシート貼るだけ家計簿

こちらの家計簿も

少し前に届いていました。

 

ダイソー出版さんの

「レシート貼るだけ家計簿」

ダイソーさんで販売されています。

 

マネーコラム部分を担当しました。

編者部の方は

コストと戦いながら

かなり真剣に作っているのだと、

今回お仕事させていただいて

知りました。

 

100円ショップへ行かれたら

ついでにカゴに

入れてやってくださいませm(__)m

 

オレンジページの家計簿2018

もうそんな季節なのですね。

一部監修させていただいた、

2018年の家計簿が届きました(@_@)

 

オレンジページさんから出ている

クッキング家計簿2018 (オレンジページムック)

シンプル家計ノート2018 (オレンジページムック)

シニア世代のシンプル家計簿2018年

の3冊です。

 

マネー情報ページやマネーコラムを

監修させていただきました。

 

ごひいきの家計簿が決まっていない方、

来年、家計簿に挑戦してみようという方、

ぜひぜひご検討くださいませm(__)m

2018年は、家計力を付けて

パワーアップしましょう(^o^)/

 

 

40代のライフプラン~ライフコースが固定化する年代

一般社団法人地域社会ライフプラン協会さんの

情報誌「ALPS」10月号で、

ライフプランのコラムを

連載させていただいています。

 

今回は40代のライフプラン。

40代を

「ライフコースが固定化する年代」

と位置付けて、まとめています。

 

次回は最終回。

ちょっとさびしいですが、

頑張りますm(__)m

 

不確実な時代を生きていくためのお金の教養

リスクマネジメント協会さんの

情報誌「リスクマネージャー」。

今年の4月から半年間、

連載をさせていただきましたが、

9月号で無事に終了。

 

同じ媒体で、2年前にも

連載を担当させていただいていたため、

当時と重ならないよう企画を打ち合わせました。

 

今回のテーマは

「不確実な時代を生きていくためのお金の教養」でした。

 

最終回は「キャッシュフロー」。

毎月3ページで、

なかなかたいへんでしたが、

終わってみるとちょっと寂しいです(T_T)

 

なんて言ってはいられません。

入れ替わりのように、

8月から新しい連載コラムが始まったほか、

他にも新しいお仕事がスタート。

お仕事の神様に感謝です。

 

NHK朝ドラ「ひよっこ」は終わりましたが、

「みんな、がんばっぺ!」

ですね(^^)

 

 

働くママへのFPアドバイス(住宅ローン)

最近ちょっとおしゃれになったと話題の、

近代セールス社さんの

「ファイナンシャル・アドバイザー」   。

 

一昨年、1年間連載させていただいていましたが、

お役御免?となってからも

たまにお手伝いをさせていただいています。

 

今回も5ページのご依頼のうち

2ページだけ担当させていただきました。

(残りは紹介対応でごめんなさいしましたm(__)m)

 

担当させていただいたのは、

大特集の「働くママへのアドバイス」の、

住宅ローン編です。

表紙登場につきましては、

ごめんなさいしています( ;∀;)

 

大切な家族が亡くなったらやるべきことQ&A100

大切な家族が亡くなったらやるべきことQ&A100

光文社「女性自身」の別冊ムック

「大切な家族が亡くなったらやるべきことQ&A100」で

取材協力と一部監修でお手伝いをさせていただきました。

 

ちょうど、ミヤネ屋さんに出演させていただいた時に

必死で校正をしていた仕事です。

 

内容が重なる部分もあって、

確認のために細部まで調べたことが

それぞれで役に立ったように思います。

 

家族が亡くなる・・・

というのは考えたくないことですが、

もしもに備えておくことも大事かもしれません。

 

 

日経トレンディ「学歴&教育費」

日経トレンディ「学歴&教育費」

日経BP社「日経トレンディ」2017年10月号の大特集は

「学歴&教育費」。

 

日経トレンディで

教育費や大学選びの企画をやるというのは

少々驚きでしたが、

やはり、ひと味違ったまとめ方ですね。

 

私が取材を受けたのは教育資金です。

普段主張している部分を取り上げていただいてうれしかったです。

 

 

もっとも、教育資金をすべて親が負担することはないと

個人的には思っています。

 

親子で協力し合う。

つまり、一部は貸与型奨学金(給付型ならベターですが)も利用する形です。

高額でなければ、

自分の学費は自分で一部を負担するのは

アリだと思います。

「過保護のカホコ」の初くんではないですが、

奨学金も使っていると思いますが、

バイトをしながら美大に通う姿に

たくましさを感じます。

バイト先で有給休暇も取りそうです^^

私もある意味自力進学なので、

共感を覚えます。

 

それはさておき、

今号、クレジットカードの企画もあるので、

これは保存版、ですね^^

 

 

週刊ポスト「迫り来る老前破産の恐怖」

先日、FBの占いをしたところ

私はなんと178歳まで働くのだそうです。

さすがにありえないでしょう(@_@)

老後が100年なんて、長すぎます

死ぬまで現役というのは

目指すところではありますが。

 

小学館「週刊ポスト」9月8日号の

大テーマは

「年金75歳支給に備えて

老後資産計画を書き換えろ」

でした。

その中の一部で、

ちょこっとコメントさせていただいています。

私自身のライフプランは

95歳で考え、準備をしなくてはと頑張ってきましたが、

178歳はムリでも100歳までは成り立つように

さらなる軌道修正が必要ですね。

老後は益々費用がかかりそうですし(>_<)

 

ローゴは1日にしてならずっていいますが、

何とかしないといけませんね、、、