親の介護・相続と自分の老後

日経ウーマン「おひとりさまの親と私の終活」

9月に発売された「日経ウーマン」別冊、

テーマは、

「おひとりさまの親と私の終活」。

こちらの一部を監修しています。

「老後の住まい計画」という部分です。

本誌で掲載された内容が編集されたものですが、

正直この1冊は、30代以降の女性は必携です。

(男性でももちろん役立ちます!)

以前、

急に地方に住む親御さんの介護に関わることになりそうで

パニックになった方からの相談を受けたことがありました。

結局は、冷静に情報を押さえておけば

そこまで慌てずに済んだと思います。

大事なのは

「知っておく」ことでもあります。

ざっと目を通しておけば、

必要な知識が得られると思います。

この別冊、30代~60代は必携ですね!

ケア付き有料老人ホーム・アライブ世田谷代田へ視察に行ってきました

FP畠中雅子さんのコーディネートで、

SECOM系列のケア付き有料老人ホーム

アライブ世田谷代田の視察に伺ってきました。

 

いわゆる富裕層向けの施設で、

閑静な住宅地の中にありながら、

周囲に溶け込んでいる印象でした。

 

お部屋は30室のみとやや小規模な施設です。

緑あふれる環境で、

一角には水のせせらぎもあり

穏やかな時間を過ごせそうだなと思いました。

 

お食事も体験させていただきましたが、

 割烹のようなおいしさでした。

 

食事は原則常食で、

刻み食などはほとんどしないそうです。

 

水分1日1500ml、食事1500kcal目標。

入居者の平均年齢90.6歳(平均要介護度2.93)

というのを考えるとなかなかヘビーですが、

食事も水分も命の源ですからね。

 

水分、食事の目標に、

睡眠、運動、排泄(トイレで行う)、

減薬を加えた6つを柱に

自立支援ケアの習慣化を図っているそうです。

 

退院先から寝たきりで入居して、

5か月後には歩行器を使って歩き、

好物のうなぎをほおばるまでになった方も

いるという話もうかがいました。

 

お部屋はこんな感じです。

逆光でしくじりましたが、実際はとても明るいお部屋です。

ベランダも広くて、プランターで花を育てる方もいるそうです。

 

住宅地で周囲に高い建物もなく、

屋上の見晴らしもよかったです。

屋上も緑がいっぱいでした。

菜園もあり、採れた野菜の一部は料理にも使うそうです。

 

施設では看取りもしています。

病院で亡くなるのは嫌だからと、

入院してもホームに戻って最期を迎える方もいるそうです。

 

とっても理想的な施設ですが、

費用はというと・・・

標準コースで入居一時金3000~4000万円、

毎月は、管理費・食費+上乗せ介護費+介護保険利用料で約40万~50万円。

一時金なしの場合は、月約80万~100万円。

 

庶民には夢のまた夢ですね・・・

 

☆☆こちらの書籍もどうぞ宜しくお願いいたします☆☆

「親の入院・介護が必要になるとき いちばん最初に読む本」

 

9月10日発売「親の入院・介護が必要になるとき いちばん最初に読む本」

今年はなぜか単行本のお仕事が続き、

9月10日に2冊目が発売されます。

アニモ出版
「親の入院・介護が必要になるとき いちばん最初に読む本」

です。

 

9年前に、日本実業出版社さんから

同様のテーマの本を出させていただきましたが、

その頃とはだいぶ環境も変化しました。

昔は、地域包括ケアシステムなどもなかったですからね。

 

編集担当の男性は

10年以上、1人でお母様の介護をされていて、

本当に頭が下がります。

勤務時間を、朝7:00~午後15:00にして、

デイサービスなどを駆使して

どうにかやっていらっしゃるようです。

 

そんな編集の方と一緒に作り上げた書籍です。

細く長く役立つ本であってほしいと、

心から願っています。

 

朝日新聞に取材協力しました

先週、朝日新聞の記者の方から取材を受けました。

掲載は、7月9日(火)朝刊、

「信託銀行、新サービス次々」。

デジタル版は⇒コチラ

 

認知症で口座を凍結されるケースもある中、

信託銀行のサービスが広がっています。

 

思わぬところで

「見ましたよ!」とお声がけいただきました。

中には、親御さんの口座凍結を経験されたことが

おありだという方も。

 

親の老いを感じてきた人達にとって

切実な問題ですね…。

 

「笑顔」連載終了

2年ほど前から隔月で担当してきた、

保険同人社「笑顔」のコラム。

2019年3月号で最終回となりました。

「親の健康トリセツ」

として、

健康・介護×お金・保険などのワンポイント情報を

書かせていただいておりました。

媒体の表紙の子どもの写真に

とても癒されました。

ちょっと寂しくなります・・・

クロワッサン別冊「人生100年時代をどう生きるか」

クロワッサン別冊のタイトルは

「人生100年時代をどう生きるか」。

その中の、

「50代からの失敗しないマネー計画」16pを、

吹田朝子さん、岡本典子さんとともに

監修させていただきました。

総論部分や、

投資、

家計、

教育費や住宅ローン、介護など

各ページでコメントさせていただいております。

自分も実感していますが、

50代は本当に重要な年代だと思います。

シニア期を見据えつつ、

戦略的に行動したいものですね。

将来に備える、高齢期の「自宅」不動産活用術

ライフルシニアさんのサイト内、

「介護とお金」のコーナーで

連載コラムが始まりました。

 

9月で2つの連載が終わって

ちょっとホッとしていたのですが、

入れ代わるように始まりました。

 

初回だけブログで宣伝します。

 

資産運用のコーナー内だからか、

「不動産運用術」となっています。

うーむ。

内緒ですが、ちょっと違和感がぬぐえず。

 

なので、ブログでは

「不動産活用」と書き換えています(ごめんなさい!)。

 

 

それにしても、

年明けまで、

いろんな意味で綱渡りの日々が続きます(-_-;)

大丈夫かワタシ!?

 

保健同人社「笑顔」5月号

保健同人社さんの小冊子「笑顔」で、

数回のコラムの監修を

させていただいております。

2018年5月号が掲載第1回でした。

 

タイトルは「親の健康トリセツ」。

今回は、親が老いてきたときの

見守りなどについてです。

 

「笑顔」は健康に関する専門誌で、

巻頭企画は歯周病。

内容的にとても勉強になりました。

 

「笑顔」というタイトルだけあって

表紙が笑顔!という感じです(^^)

 

 

大切な家族が亡くなったらやるべきことQ&A100

大切な家族が亡くなったらやるべきことQ&A100

光文社「女性自身」の別冊ムック

「大切な家族が亡くなったらやるべきことQ&A100」で

取材協力と一部監修でお手伝いをさせていただきました。

 

ちょうど、ミヤネ屋さんに出演させていただいた時に

必死で校正をしていた仕事です。

 

内容が重なる部分もあって、

確認のために細部まで調べたことが

それぞれで役に立ったように思います。

 

家族が亡くなる・・・

というのは考えたくないことですが、

もしもに備えておくことも大事かもしれません。

 

 

『田舎の実家の片づけ方』について

めったにやらないのですが、

自分の過去記事を探すために

自分の名前をキーワードに加えて検索をしたら、

なぜか身に覚えのない「著書」が・・・

 

著者が2名でうち1名が私の名前になっています。

いよいよ書いた本のことも忘れたか。

やばいぞ、ワタシ!と思ったのですが

やっぱりどう考えても書いてません。

 

そういえば、以前も2回くらい見かけたものの、

気のせい?と思ってスルーしていたのでした。

 

しかし、今回はがっつり見つけてしまいました。

 

これは問題では?と思ったのは、

私の名前のみの検索だと

かなり上位にこの書籍ページが出てきていたのです。

自分の本当の著書のいずれよりも上でした。

 

しかも、出版社のこの本のページで

「購入する」を押すとAmazonのカートに入り、

著者を再確認することなく購入できてしまいます。

 

あまりないでしょうけれど、

私の名前で検索したら、この本が出てきて、

「豊田さんの本なら買ってあげようかしら」と

ぽちっと押して購入してくださったのに、

届いたら別人の本。

「あれれ?まちがえたかなあ?」

という、不思議な現象が起こりうる仕組みができていたわけです。

2013年発行なので、4年近くの間(@_@)

 

洋泉社さんにご説明をうかがったところ、

最初は私が著者候補だったらしく?

当初の企画書には私の名前が入っていたのだそう。

(全く打診を受けてませんので、内部的にですね)

 

で、本が発売になった際に、

営業の方が、企画書を見て私の名前でサイトに本を紹介したそうです。

通常、営業の方はAmazonなども同時に入力するため、

本来はそこで気付くはずが、

たまたまHPとAmazonの入力担当が別だったとのことで

偶然が重なったそうです。

 

そんなこんなで、このような訂正文を出してくださいました。

実は勘違いして購入してたの、という方がいらした場合

(ほとんどいないと思いますが、念のため^^;)

洋泉社さんへご連絡してくださいね!

2013年11月16日発行の『田舎の実家の片づけ方』
弊社書籍紹介サイトに、上記書籍の著者として豊田眞弓氏を誤って記載しておりました。
豊田眞弓氏は、当該書籍に一切関わっておりません。
豊田眞弓氏ならびに読者の皆さまに謹んでお詫び申し上げます。
豊田眞弓氏の書籍と誤ってご購入されたお客様は、書籍とレシートまたは購入履歴を併せて弊社までお送り下さい。書籍代の返金を致します。
この件に関してのお問合わせは、株式会社洋泉社までお問合わせ下さいますようお願い申し上げます。
03-5259-0251(代表)
東京都千代田区神田駿河台2-2
株式会社洋泉社

 

*写真は通りがかりの山形展@上野。本文とまったく関係ございませんm(__)m