教育資金

「赤ちゃんができたら知っておきたい 教育資金の本」打ち上げ^^

10月25日(金)、

マンガでわかる 赤ちゃんができたら知っておきたい 教育資金の本』の

打ち上げがありました。

 

台風の関係で参加できなかった方もいて

残念でしたが

企画・編集・執筆に関わった方などが参加されました。

 

場所は、グランドプリンスホテル新高輪の

ブッフェ&カフェ スロープサイドダイナーザクロ。

すてきな懇親会でした

 

今回の書籍、マンガがあって楽しく読めます。

書名のように、赤ちゃんができたばかりの人にピッタリ。

 

私も、さっそくお孫さんが生まれたお友達に

娘さんへのご出産祝いとして贈らせていただいたところ、

とっても喜んでいただけました(^^♪

 

絵本のように何度も読み返して

じっくり楽しめて、ゆっくり学べる本です。

 

ベネッセムック『赤ちゃんができたら考えるお金の本 2020年版』

一部監修で関わらせていただいている、

ベネッセムック

『赤ちゃんができたら考えるお金の本 2020年版』

の見本誌が届きました。

 

毎年改定され、

かれこれ十数年発売されているムック本です。

私の担当は2本のコラムとライフプラン部分。

数字は毎年、その時点の最新に入れ替えます。

 

個人的には、

表紙の赤ちゃんに癒されています。

 

そして、

このムックが届くと

秋の終わりを実感し始めます。

 

 

マンガでわかる 赤ちゃんができたら知っておきたい教育資金の本

赤ちゃんができたら知っておきたい 教育資金の本』が、

10月17日、

C&R研究所より発売されました。

 

原稿の多くを書かれたのは、

保険ソクラテス編集部のOさん。

私はFP事務所を10年ご一緒した元同僚

吹田 朝子さんとの共同監修(一部執筆)で

関わらせていただきました。

 

この本の最大のウリは、

私も大ファンのソクラ哲氏が登場するマンガ。

妻のクサンティッペとのやりとりが

何ともシュールで

個人的にはツボってます。

メチャクチャ笑えて、

とっても役立ちます。

 

マンガと併せてテンポよく読めるので、

プレママ・プレパパ、

新米ママ・新米パパに向きます。

「出産プレゼント」として差し上げても

喜ばれること間違いなし!

 

ソクラ哲・クサンティッペ夫妻に

心震えた人は、

私と分かり合える方です^^

 

お値段は2030円+税と

ちょっとお高めですが(汗)、

絵本のように何度も読み返して

じっくり楽しめ、そして学べます。

ちょっとクセになる素敵な本です^^

 

 

晋遊舎ムック「お金の増やし方完全ガイド」

しばらくブログ更新ができませんでしたが、

決めたことはやらないとだめですね…

 

7月末の発行ですが、

晋遊舎ムック「お金の増やし方完全ガイド」で

教育資金の部分を監修しました。

 

他のページでは、

老後資金のためにできることも整理されています。

 

保険ソクラテス・教育資金セミナー

以前からコラムなどを書かせていただいている

保険ソクラテスさんで、

教育資金セミナーを担当させていただきました。

 

テーマは、

「教育資金の貯めワザ&学資保険」の講座でした。

赤ちゃんを連れて参加されたママや

パパ、プレママもいらして

和やかなセミナーだったと思います。

 

会場の武蔵小杉はよく考えたら、降りるのは初めてでした。

タワーマンションが立ち並ぶエリアに

思わずほお~と見ほれました。

古くからのエリアとギャップがあるそうですが。

 

ランチで伺った店は、

小杉マダム?で満席でした。

我々のグループ以外は、

ほとんど女性でした(-_-;)

お子ちゃま連れの方も多かったです。

 

子どもに小遣いどう渡す?信頼したら100万円超消えた

過日、朝日新聞の取材を受けました。

誌面を見落としてしまいましたので、

ネットだけリンクしておきます。

 

子どもに小遣いどう渡す?信頼したら100万円超消えた

有料コラムですので、

契約をしていないと全文は読めません。

 

タイトルがセンセーショナルです(-_-;)

どう読まれたのか気になるところです。

 

日経DUALで中学受験に関する記事に取材協力しました

過日、取材協力させて頂きました記事が、

公開されました。

 

日経DUAL 子育て・教育コーナー

「性格・お金…中学受験するか否か6つの項目で判断」

 

中学受験する?しない?

判断するための6つのポイント。

そのうちのお金に関する部分について

コメントさせていただきました。

なかなか切実な部分でもあります。

 

記事を書かれたのは、

ご自身が子育て真っ最中で、

FPでもあるライターの西山美紀さんです。

いつもながら読みやすいです!

 

【掲載記事】

「性格・お金…中学受験するか否か6つの項目で判断」

 

*画像は二宮金次郎@小田原。本文とは全く関係ございません。

 

教育資金セミナー@木更津

年明け最初のセミナーは、

子どもマネー総合研究会のお仕事で

木更津へ行って来ました。

東京駅から高速バスで1本でした(アクアライン経由)。

 

教育資金とライフプランについてのお話で

タイトルは

「教育資金の勉強会 ~子どもの将来、私の将来~」

 

ご依頼下さった若手男性職員の方が

付けられたものですが、

ママ・パパにはぐっとくる

よいタイトルだったと思います。

実は当日お会いするまで

女性の方だと思い込んでました(@_@)

 

参加された方は、

お子さまが幼稚園から高校生までと

範囲が広かったので

広めのお話になりました。

 

今回の講座では、

日本学生支援機構の無利子奨学金を利用するには

高校の成績が(5段階で)3.5以上、

という部分と、

わが子に国公立大学に進学してもらう超絶裏ワザ?

がママたちのツボにはまっていたようです。

 

12月に行った教育資金セミナーでは

「教育費をかけない進学ワザ」

の部分で盛り上がった印象でした。

 

講演・セミナーは生ものだなあと実感しています。

そこが面白いんですけどね!

 

明光義塾「Meit」2019 新春号

明光義塾さんの保護者向けマガジン「Meit」。

こちらの2019 新春号で

巻頭4pの企画部分を

監修させていただきました。

 

テーマは、

「どうする?教育費&おこづかい

子どもにかかわるお金の話」

でした。

 

今回も入れました。

大学時代の教育資金のベースは

中学卒業までに貯め終える!

かつてはブーイングも受けたこの考え方

ようやく浸透してきた気がします。

 

子どもたちのお金との関係については、

誌面の都合もあり、

従来の発想に基づいてまとめていただきました。

 

ですが、個人的にはひそかに悩みもあります。

キャッシュレス化で、

ますます「お金」という概念を伝えにくくなる中、

どのように金融教育をしていくべきか。

「変わらない」という方もいるのですが

それでいいものやら…と考え中です。

 

中日新聞に教育資金に関して取材協力しました

過日、中日新聞の記者の方から

教育資金に関する取材を受けました。

その内容が、2月13日の紙面で紹介されました。

 

ほぼ1時間の電話取材でしたが、

記事ではコメント一言。

というのは、よくあることです(*_*;

 

打診いただいたのは、

コラムをご覧になったとのことでした。

こちらの記事でしょうか。

児童手当を別立てで貯めて目指せ貯蓄500万円!

 

「児童手当を使ってもらわないと経済効果が出ない」

などという声が大きかった時代から、

ずっと主張してきたものです。

いまではすんなり受け入れられるようになりましたね!

 

 

【掲載記事】

児童手当ため大学費用に 教育資金、非課税投資も活用を(中日新聞)

教育資金の鉄則! 児童手当は全額ためる(東京新聞)