FPラウンジお知らせ

明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

これから数年の間に、

加速度的にAIやロボットなどが

生活の中に浸透し始めるようです。

 

金融も、日本で遅れていたキャッシュレス化が一気に進み、

現金を使うシーンが減りそうです。

 

私たちの生活や、あるいは価値観にも、

大きな変化がもたらされる可能性があります。

 

どのような2018年になるのでしょうね。

 

どんな変化があっても

皆様にとって

ハッピーな1年になりますことを

心よりお祈りしております。

 

*写真は打ち合わせの際に立ち寄った愛宕神社。初めて出世の石段を登りました。

 

『田舎の実家の片づけ方』について

めったにやらないのですが、

自分の過去記事を探すために

自分の名前をキーワードに加えて検索をしたら、

なぜか身に覚えのない「著書」が・・・

 

著者が2名でうち1名が私の名前になっています。

いよいよ書いた本のことも忘れたか。

やばいぞ、ワタシ!と思ったのですが

やっぱりどう考えても書いてません。

 

そういえば、以前も2回くらい見かけたものの、

気のせい?と思ってスルーしていたのでした。

 

しかし、今回はがっつり見つけてしまいました。

 

これは問題では?と思ったのは、

私の名前のみの検索だと

かなり上位にこの書籍ページが出てきていたのです。

自分の本当の著書のいずれよりも上でした。

 

しかも、出版社のこの本のページで

「購入する」を押すとAmazonのカートに入り、

著者を再確認することなく購入できてしまいます。

 

あまりないでしょうけれど、

私の名前で検索したら、この本が出てきて、

「豊田さんの本なら買ってあげようかしら」と

ぽちっと押して購入してくださったのに、

届いたら別人の本。

「あれれ?まちがえたかなあ?」

という、不思議な現象が起こりうる仕組みができていたわけです。

2013年発行なので、4年近くの間(@_@)

 

洋泉社さんにご説明をうかがったところ、

最初は私が著者候補だったらしく?

当初の企画書には私の名前が入っていたのだそう。

(全く打診を受けてませんので、内部的にですね)

 

で、本が発売になった際に、

営業の方が、企画書を見て私の名前でサイトに本を紹介したそうです。

通常、営業の方はAmazonなども同時に入力するため、

本来はそこで気付くはずが、

たまたまHPとAmazonの入力担当が別だったとのことで

偶然が重なったそうです。

 

そんなこんなで、このような訂正文を出してくださいました。

実は勘違いして購入してたの、という方がいらした場合

(ほとんどいないと思いますが、念のため^^;)

洋泉社さんへご連絡してくださいね!

2013年11月16日発行の『田舎の実家の片づけ方』
弊社書籍紹介サイトに、上記書籍の著者として豊田眞弓氏を誤って記載しておりました。
豊田眞弓氏は、当該書籍に一切関わっておりません。
豊田眞弓氏ならびに読者の皆さまに謹んでお詫び申し上げます。
豊田眞弓氏の書籍と誤ってご購入されたお客様は、書籍とレシートまたは購入履歴を併せて弊社までお送り下さい。書籍代の返金を致します。
この件に関してのお問合わせは、株式会社洋泉社までお問合わせ下さいますようお願い申し上げます。
03-5259-0251(代表)
東京都千代田区神田駿河台2-2
株式会社洋泉社

 

*写真は通りがかりの山形展@上野。本文とまったく関係ございませんm(__)m

FPラウンジ 豊田眞弓ブログ開始しました

FPラウンジホームページ内にブログ開始しました。

これからはこちらの方にいろいろ書き込んでいきます。
よろしくお願いいたします。

FPラウンジ 豊田眞弓