老後資金

人生100年時代、ローゴは1日にしてならず

自分の親ほどのシニアの方向けのセミナーを

担当させて頂く機会が増えています。

 

深刻な話にならざるを得ませんが、

その中でもできるだけ笑いありを心がけています。

 

それにしても、

「人生100年時代を見据えた資産形成を促す報告書」の中で、

定年後、95歳まで生きるには

夫婦で約2000万円の金融資産の取り崩しが必要になる、

資産寿命を延長するには投資も必要、

という報告があり、問題になっているようです。

 

報告書をざっと拝見したところ、

なんのことはない、

老後資金セミナーやコラム、監修の際に

いつも利用している家計調査の試算の話でした。

 

生活費の不足分だけで、

ライフイベント費や特別支出は含まれてませんから、

正しくいうならもっと必要なはずです。

 

それに、今や介護に備える資金も必要ですので、

平均ベースのシミュレーションでも

全然足りないのでは?

95歳を100歳にすれば、さらに5年分のコストが乗ります。

 

老後は、若い層ほど大変になっていくのは確かで、

報告書が提唱していたのは、

主に現役世代に向けてでしょう。

だから「iDeCo」や「つみたてNISA」をやりましょう!

ということで、

「金融庁」という立場であれば

特に問題のない発言であろうと思います。

 

ですが、

「老後資金が足りません、投資をしましょう」

などと「政府」から大上段に旗をふられると、

必要なことだとわかってはいても、

感情を逆なでされたり、過剰反応をする人もいるのでしょう。

イチFPが言うのとは全く違いますよね。

 

特に、すでに定年を迎えたシニアの方にとっては、

急に「2000万円足りませんよ」と言われても、

余裕のある世帯ばかりではなく。

65歳以上の女性の単身高齢者の

半分は貧困というデータもあります。

絶望感を抱く高齢者がいないといいなと少し心配になりました。

 

オーストラリアのように、

高齢者でもフローとストックの両方を見られるものの、

資産を使い切ったら、最後は国のお世話になる。

それが特別のことではない、

という認識が広がれば、安心して老いることもできるように思います。

しかし、日本には国の借金1100兆円という足かせが…。

 

それにしても――

超少子超高齢化はずっと昔から問題だったし、

財政問題も以前からの問題だったのに、

なぜもっと早くに真剣に対処してこなかったのか。

やっぱり悔しく思います。

 

週刊女性「新年度は家計の見直しドキ!」

主婦と生活社「週刊女性」4月16日号で、

家計の見直しに関する取材を受けました。

 

テーマは「新年度は家計の見直しドキ!」。

5ページの企画でした。

 

チェックリストで

家計見直しが必要かどうか

判定するところから始まりますが、

少しでも行動につながるといいなと思います。

 

 

人生100年時代のライフプラン

3月6日(木)、

港区消費者センター様主催のセミナーで

講師を務めさせていただきました。

会場はみなとパーク芝浦@田町。

 

お題は、

「人生100年時代のライフプラン」。

参加は約40名で、

平日にも関わらず満員御礼でした。

 

当初、対象は40代、50代の方でしたが、

平日昼間の開催でもあり、

参加のメインは70代の方でした。

よく起きる現象です^_^;

 

いらしていただいた多くの方に

「笑顔で帰っていただく」。

私が目下、重要課題にしている点です。

過日仕入れた裏ワザなども

さっそく使わせていただきました(^^)

 

セミナー後、常に改善点は残りますが、

内容的に厳しく聞こえる話も多かったわりには

参加された方の満足度も高めだったようで

ほっとしました。

笑いのなかで終了できてよかったです。

 

耳がいたい厳しい話が含まれても、

楽しくて、わかりやすくて、役立つ。

そんなセミナーを目指しています。

 

まだ遠い道のりですが、

頑張っていきたいです♪

 

将来に備える、高齢期の「自宅」不動産活用術

ライフルシニアさんのサイト内、

「介護とお金」のコーナーで

連載コラムが始まりました。

 

9月で2つの連載が終わって

ちょっとホッとしていたのですが、

入れ代わるように始まりました。

 

初回だけブログで宣伝します。

 

資産運用のコーナー内だからか、

「不動産運用術」となっています。

うーむ。

内緒ですが、ちょっと違和感がぬぐえず。

 

なので、ブログでは

「不動産活用」と書き換えています(ごめんなさい!)。

 

 

それにしても、

年明けまで、

いろんな意味で綱渡りの日々が続きます(-_-;)

大丈夫かワタシ!?

 

人生100年時代のマネー特集(アラサー・アラフォー女子向け)

4月ごろご依頼をいただき、

5~6月には納めたコラムです。

ばらばらにアップされていたものを

1つのコーナーにしていただいたようです。

 

アラサー・アラフォーの女子向けマガジン

35Style(サンゴスタイル)内

人生100年時代のマネー(特集)

こちらに5本のコラムが掲載されました。

 

人生100年と言われるようになりましたが、

老後がより長い女性は

人生を考え直す時期かもしれません。

いよいよ本当に

専業主婦がリスキーな時代になってきたかも…?

 

古いバイアスは脱ぎ捨てないと

待っているのは

不本意な老後かもしれません(-_-;)

 

 

あなたのセカンドライフと終活の「課題」がわかる! Happy Endingセミナー

*北海道胆振地方を震源とする地震により

被害を受けられた地域の皆さまには、

謹んでお見舞い申しあげます。

 

6日(木)18:00~ 新宿の会場で、

KSR 親の介護・相続と自分の老後に備える会主催のセミナー

『あなたのセカンドライフ終活課題」がわかる! Happy Endingセミナー』

が開催され、講師を担当しました。

 

会の名前が長いので、

最近は、KSRと略称を付けています。

 

8月の予定だったものが

台風直撃でリスケされたもので、

当初お申し込みがあった方で来られなかった方もいました。

また、6日未明の北海道の大地震の関係で

急に来られなくなった方も。

 

今回もわいわいと盛り上がりつつの

ハッピーエンディングセミナーとなりました。

 

最後に選んだ「課題」1・2・3を手に、

参加者でパチリ。

私は奥の方でハッピーエンディン「ぐ~」のポーズです。

 

2度目、3度目のカード体験者もいましたが、

「毎回、リスクに残るカードが違うのよね」という声も。

それはいいことです!

同じカードが残る方が問題です…

 

セカンドライフと終活の「課題」を1つづつ減らして、

ハッピーエンディングに一歩でも近づければ幸いです!

 

サイトでの報告:

親の介護・相続と自分の老後に備える.com

 

今から始める!人生100年時代の生活設計

練馬区消費生活展で

講演を担当させていただきました。

 

消費生活展の雰囲気はこんな感じでした。

実際にはかなり人出がありましたが

落ち着いたところをパチリ。

 

会場は石神井公園駅の駅前で

来訪者も多かったようです。

 

担当させていただいた講演のテーマは

「今から始める!知っトク、人生100年時代の生活設計」。

 

以前、監修でお手伝いさせていただいた

「女性自身」のムック版をご覧になって

ご依頼くださったそうです。

ご縁はつながるもので、ありがたいことです(^^)

 

セミナー参加者は、

30代から90代の方までいました。

ちょっとしたワークや、ご発言などもいただきつつ、

和やかな雰囲気の中、進めさせていただきました。

宿題もださせていただきました(やるかどうかは皆さん次第!)

 

終了後のご質問なども飛び交いました。

30代、40代の子育て世代の方からの

ご質問もありました。

終了後に個別に質問してこられた方もいました。

おひとりの女性は、

「漠然と不安を感じていた部分でもあり、

今日この話を聞けてよかったです」

とおっしゃっていました。

 

人生100年時代、ライフプランや家計管理は

重要なスキルになっていると思います。

 

はっとしました^_^;

今日はイベント支援と

ミニセミナーでした。

 

帰り道、

駅に着いて

ふと見上げると

こんなところに鳩が2羽。

寄り添ってます。

 

立川駅に2羽の鳩。

はっとしました。

鳩だけに(~_~;)

 

ローゴは1日にしてならず。

ミニセミナー同様?

おあとがよろしいようで^_^;

 

郡山日帰り出張

今日は、福島県の郡山へ

日帰り出張でした。

 

雨模様だったのが

途中で上がってよかったです^^

 

締切を抱えていたので、

残念ながら観光はできませんでした。

いつか改めて来たいです。

 

帰りにいただいた、

郡山名物の「ままどおる」。

とっても優しい味です。

チョコ味も美味しいです。

 

週刊ポスト「迫り来る老前破産の恐怖」

先日、FBの占いをしたところ

私はなんと178歳まで働くのだそうです。

さすがにありえないでしょう(@_@)

老後が100年なんて、長すぎます

死ぬまで現役というのは

目指すところではありますが。

 

小学館「週刊ポスト」9月8日号の

大テーマは

「年金75歳支給に備えて

老後資産計画を書き換えろ」

でした。

その中の一部で、

ちょこっとコメントさせていただいています。

私自身のライフプランは

95歳で考え、準備をしなくてはと頑張ってきましたが、

178歳はムリでも100歳までは成り立つように

さらなる軌道修正が必要ですね。

老後は益々費用がかかりそうですし(>_<)

 

ローゴは1日にしてならずっていいますが、

何とかしないといけませんね、、、