マスコミ掲載・出演

日経ウーマン「おひとりさまの親と私の終活」

9月に発売された「日経ウーマン」別冊、

テーマは、

「おひとりさまの親と私の終活」。

こちらの一部を監修しています。

「老後の住まい計画」という部分です。

本誌で掲載された内容が編集されたものですが、

正直この1冊は、30代以降の女性は必携です。

(男性でももちろん役立ちます!)

以前、

急に地方に住む親御さんの介護に関わることになりそうで

パニックになった方からの相談を受けたことがありました。

結局は、冷静に情報を押さえておけば

そこまで慌てずに済んだと思います。

大事なのは

「知っておく」ことでもあります。

ざっと目を通しておけば、

必要な知識が得られると思います。

この別冊、30代~60代は必携ですね!

住宅ローン返済に行き詰まったら

読売新聞8月13日の朝刊で、

取材を受けた記事が掲載されました。

「住宅ローン返済に行き詰ったら」

というタイトルです。

7月22日時点で、

住宅金融支援機構で返済方法変更の承認実績は

6月 1491件(速報値)

累計 2685件(速報値)

でした。

4月 195件(確定値)

5月 997件(確定値)

と比べても、

増えているのがわかりますね・・・

掲載直前に

コロナ禍で住宅ローン返済が確実に無理になった人に対して、

「債務整理に関するガイドライン」の適用を検討する、

という報道が一部でなされました。

もし実現すれば、

自己破産よりも多めのお金を手元に残せて、

個人信用情報に登録されず、その後の新たな借入れにも影響が出ません。

まだ確実でなかったので、

記者さんと相談した上で触れませんでしたが、

早くガイドラインを適用してほしいです!

コラムでは、まだ打つ手がある状態の方に

何とかする方法を中心に整理した形です。

しかし、今後1年ほどの間には、

住宅ローン債務困窮者が増える可能性は大だと思われます。

今は安泰だという方も安心せず、

☑収入を太く安定させ

☑無駄な支出を削減し

☑運用力も磨く

という努力をしておきたいものです…。

くらし塾きんゆう塾2020年夏号

金融広報中央委員会「くらし塾きんゆう塾」2020年夏号で、

「子どもの教育費、どう準備する?」

のコラムを監修させていただきました。

6Pだけでしたが、

ものすごーく時間とエネルギーを

投入しました。

よろしければご一読ください。

表紙は白鷺。

しかも、

「サギに騙されないで!」

という吹き出しが( ゚Д゚)

本誌内の悪質商法のコラムと連動しています。

とっても柔らかですね!

金融広報中央委員会「くらし塾きんゆう塾」2020年夏号

週刊ダイヤモンド7/4号保険特集に協力しました

ダイヤモンド社「週刊ダイヤモンド7/4号」。

この特集が「保険コロナ時代の最強見直し術」です。

この中の生命保険ランキングに

協力させていただきました。

保険商品の最新情報を知りたい方は

ぜひご一読くださいませ^^

今年から、ネットでの配信もスタートしています。

ダイヤモンド保険ラボ

全て有料会員向けです。

ウエブ版 国民生活4月号

本日は久々に対面での取材でした。

最近は取材もミーティングも勉強会もオンラインが多かったので、

なんだか新鮮でした。

 

それはさておき。

2月末に書かせていただいたコラムが掲載されました。

 

テーマは、

広がる認知症高齢者向け自治体補償-個人賠償責任保険を考える」。

 

これが掲載された

国民生活センター「ウエブ版国民生活2020年4月号」の印刷版が、

数日前に届きました^^

 

現在、この媒体は基本はウエブになっており、

コチラに掲載されています。

国民生活 2020年4月号【No.93】

ウエブ版は4月15日に発行されていました。

 

この原稿を書き、ゲラチェックをしていた2月・3月は、

新型コロナウイルス感染症の騒ぎが大きくなり、

セミナーの仕事がすべて中止やリスケになった頃です。

不安だった気持ちがよみがえります(-_-;)

 

 

朝日新聞2月16日号「親元離れて進学どう支える?」

朝日新聞2月16日号、

なるほどマネーのコーナーに取材協力しました。

「親元離れて進学どう支える?

かさむ出費、無理ない家賃に」

という記事です。

大学生の下宿を支える親、

なかなかに大変です…

「(よい下宿先を選択するために)

バイト代をあてにしすぎてはいけない」

という記事のメッセージ、

学生自身や親御さんに、

グサッときた部分だと思われます。

私が受けた取材は

教育資金全体の考え方でした。

ママ向けセミナーでも、

ファミリー層の相談の際にも、

子育ての先の「自分の人生」が長いことを

強調しています。

子どもの教育だけで

力尽きていては大変です。

人生を俯瞰する視点を忘れずに

さまざまなリスクに

備える余力を持ちたいものです。

 

週刊ダイヤモンド2月15日号 保険商品ランキング

ダイヤモンド社「週刊ダイヤモンド2/15号」

は表紙が「日本史」となっています。

この号の第2特集が

保険商品ランキングです。

今回(今年)も

このランキングに協力させていただきました。

保険商品の最新情報を知りたい方は

ぜひご一読くださいませ^^

今年から、ネットでの配信もスタートしました。

保険商品ランキング2019年度下期版【予告編】

本編(全8回)は全て有料会員向けだそうです。

婦人公論2月25日号 ひとり暮らしの知恵

中央公論新社「婦人公論2月25日号」の特集は

「ひとりの暮らしを楽しむ」

でした。

その中の、

マネー篇で取材を受けました。

おひとり様をエンジョイするには

やはり先立つものも大事です。

いくつかポイントになる点を

お話させていただきました。

誌面の都合で載らなかったものもありますが。

実は、紙面の試算で「95歳まで」となっていますが、

何歳まで生きると設定するかで、

編集部さんとやり取りしました。

私は100歳に設定したいくらいでしたが、

当初は90歳になっていました。

試算根拠などを示す形で、

何とか95歳にしていただけましたが、

5年、10年違うと

人生設計もマネープランも

大きく異なりますからね。

もしよろしければ…

拙著の方もお役立てくださいませm(__)m

日経ウーマン 最速で1000万円貯まる方法

日経BP社「日経ウーマン2月号」に

「最速で1000万円たまる方法」という

別冊付録が付いています。

この、別冊付録の後半に

女子の老後のパートがあります。

そちらを監修させていただいてます。

(過去記事の再編です)

この別冊付録、

女子には保存版です。

押さえておきたい内容がギュギュっと詰まってます。

女子の皆さん、

人生100年時代、老後は長いです。

そして、

高齢単身女性の貧困率は高い、

という、

哀しい現実もあります。

1000万円と言わず、

しっかりと、

自分名義のお金を貯めましょう。

角川ムック「最新保険ランキング2020」

保険ランキング

角川ムック「最新保険ランキング2020」で

商品ガイドページと

総括ページを担当しました。

実際に書いたのは秋頃で、

その後動きもありましたが…。

全体の商品の傾向などを見る際の参考として

役立てていただけましたら幸いです。