学資保険

貯めるなら貯蓄型で!

子どもが15才、18才、22才など学費が多くかかるタイミングに備えていわば強制的に積み立てられるのが学資保険。お金に詳しくない人にもハードルが低く、安全性も高いと言われています。利子がついたり、税制面でもメリットが。満期時には支払った保険料の合計以上の保険金が戻ってくる貯蓄型の商品が人気。また子どもが病気やケガをした場合の特約があるタイプも。その場合は返戻率が100%を切る場合が多いようです。妊娠中から入れるものもあるので、保険会社に相談しましょう。

メリット

  • 毎月着実に積み立てられて比較的安全預金と違い、契約者(パパかママ)に万一のことがあったら以後の保険料は免除

デメリット

  • 途中解約すると損をすることが多い
  • インフレのリスクがある
  • 元本割れするものもある

ポイント

いくつかネット上で試算をして、有利なものを選ぶようにしましょう。