今ならどこにお金を預けるのがお得?

A子さん「今ならどこにお金を預けるのがお得でしょう。」

豊田「その前に、今借金はありますか? キャッシングとか、買い物のローンなど」

A子さん「春にパソコンを分割払いで買ったので、そのくらいです。」

豊田「では、先にボーナスでその借金を返すのが先決です。」

A子さん「そうなんですか?」

豊田「貯蓄を始める前に、借金体質を改めないと。分割やリボ払いを借金と思わずに利用している人は、損をしながら生きているようなもの。毎回十数パーセントの金利を払っているわけですから。」

A子さん「言われてみると…。」

豊田「信販会社に電話で繰り上げ返済を申し出れば、返済方法を教えてくれます。銀行口座からの引き落としや、ATMで返済できる場合もあります。」

A子さん 「わかりました。」

お得な金融商品で確実に貯蓄したい!

A子さん「借金を返したら、残りのお金はどこに預けるのが今一番お得ですか?」

豊田「道としては、安全重視で利率は低いけれど元本割れしない金融商品に預ける方法と、勉強も兼ねて、リスクはあるけれどリターンが期待できる投資信託などに預ける方法があります。ちなみに、貯蓄の目的は決まっていますか?」

A子さん「はっきり決まってはいません。老後の蓄えとか結婚資金とか、何かあったときのためです。」

豊田「であれば幅広く、まずは安全性の高い商品から説明しますね。今、まとまったお金を預けるなら、ネット銀行の定期預金が金利面ではお得です。ボーナスシーズンになると金融機関はこぞって有利な金利を出してくるので、その中から有利なものを選ぶといいでしょう。金利以外では、懸賞付き定期などもあります。」

A子さん「はい。」

豊田「ある程度の年数、預けられる資金なら、国債なども比較的利率が高めです。確実に中途解約をしない資金なら、しくみ預金という手もありますね。金利は高めです。」

A子さん「見てみます。」

豊田 「他にも、保険を年払いにするための資金にするとか、繰り上げ返済用の資金にする、という方もいるのでは? 投資ビギナーの方なら、投資信託やETF、FXなどに小口でチャレンジしてみるのも手でしょう。向き不向き、好き嫌いがあるので、自分はどうなのか、ちょっと体験してみるのもいいのでは? 向かない場合はすぱっと切り替えて、別の方法を考えるというのもいいのでは?」

豊田眞弓(とよだ まゆみ)プロフィール

FPラウンジ ばっくすてーじ代表
ファイナンシャル・プランナー、住宅金融普及協会住宅ローンアドバイザー、家計力アップトレーナー

こちらもおすすめ: