毎月決まった金額を積み立てて、運用の成果で将来の年金額が変わる確定拠出年金。勤務先に制度があれば利用できる企業型と、勤務先に制度がない会社員や自営業者が利用できる個人型があります。企業型は450万人以上の人が加入しています。今ひとつ制度が理解できないという人も多いのですが、この制度には3つの非課税特典があります。ひとつは掛金には税金がかからないこと。企業型では最高月51000円まで積立でき、年間だと約61万円が非課税。最高税率20%の人なら年間約12万円の税金がお得に。二つ目は本来2割程度が引かれる運用中の利益が非課税、三つ目は年金受け取り時に公的年金等控除の対象となることです(一時金受け取りは退職所得控除の対象)。手数料を考慮しても税金面でかなりお得なので、制度を利用できる人は最大限メリットを生かしてみては。

r-2

関連コラム

老後の年金額を増やす方法

すべての道はローゴに通ず

豊田眞弓(とよだ まゆみ)プロフィール

FPラウンジ ばっくすてーじ代表
ファイナンシャル・プランナー、住宅金融普及協会住宅ローンアドバイザー、家計力アップトレーナー

こちらもおすすめ: