a2c36d9173e5efb72350ba0def9f99ae_s老後資金はいくら必要なのか、3000万円とか1億円などといわれると不安ばかりが募るもの。

人によって大きく異なるのはいうまでもないことですが、ある程度の予想をしておけば計画的に貯金することもできます。

予想のポイントは、かかるお金-もらえるお金をザックリ見積もること。

かかるお金は①老後の毎月の住居費・生活費×期間※ ②医療・介護やリフォームなどの予備費など。もらえるお金は③退職金などの一時金 ④老齢年金×期間※など。①は自分の今の生活をベースにこのくらいならやっていけそう、という金額を設定します。④はねんきん定期便などで目安を調べましょう。

※の期間は、65歳までは頑張って働くと仮定して、65歳からの平均余命と仮置きするか、①は60からの平均余命④は65からの平均余命など自分の希望に合わせて設定します。計算例は下表を参考にしてみてください。

豊田眞弓(とよだ まゆみ)プロフィール

FPラウンジ ばっくすてーじ代表
ファイナンシャル・プランナー、住宅金融普及協会住宅ローンアドバイザー、家計力アップトレーナー

こちらもおすすめ: