投資に回せるのは5年超使わないお金の1~3割

投資をしてリッチになりたいと思ったとき、株かFXを始めよう・・・と考えるのは短絡的です。「投資」にもいろいろあるので、自分に合ったものを検討しましょう。場合によっては、自己投資をして本業の収入を伸ばす道の方が近道の人もいるかも知れません。同じ時間を使うなら、より効率のよい方を選ぶべきです。あるいは、並行して複数を行うのもいいでしょう。

ただし、投資用の資金の目安は、5年超使わないお金の1~3割程度。5年超使わないお金が100万円あれば、10万~30万円までです。この金額を上限としましょう。

収入増につながる投資法あれこれ

では、いろいろな投資法を見てみましょう。次のようなものがあります。

自己投資で収入を上げる(スキルを上げる講座に通う、資格を取得)

副業・副収入を持つ(時間の投資)

いわゆる「投資」で殖やす(株式投資、投資信託、外貨MMF、FXなど)

権利収入を得る(小説、発明、その他)

不動産投資で家賃収入を得る

起業する

現在の仕事を伸ばす、あるいはより収入の高い職場や業種に転職をするために、①自己投資でスキルを磨く、資格をとる、ということは当然に行うといいでしょう。

それ以外にも、就業規定で副業が禁じられていなければ、②副業・副収入を持つというのも選択肢に。副収入の手段として、④小説や発明、実用新案といった権利収入を得るとか、⑤不動産投資で定期的な家賃収入が入る仕組みを作る、⑥起業する、といった方法も考えられるでしょう。景気が悪く収入が下がる時代は、複数の収入源をもって補うことはある意味当たり前といえます。確実に収入を増やすなら副業が近道ですが、ただし、本業に支障がでない範囲で行うこと。

一般的に「投資」とされている、③株式投資や投資信託、外貨MMF、FXなどは、お金に働いてもらうタイプの投資。もちろん、自分も勉強をする必要があります。金融商品で投資をする場合の最初の一歩は、投資信託、特に「日経225」や「TOPIX」に連動するインデックスファンドを購入してみるといいでしょう。銀行・証券会社で1万円から買えて、手数料も安いし、おためし体験にはぴったりです。たくさん買わず、3万円とか5万円とかで買って保有してみて、自分に合うかどうか、貯めしてみましょう。

楽しくなって勉強したくなれば本物です。他の投資信託を買い増すか、資金がある程度あるなら、直接株式投資をしてみてもいいでしょう。

ちなみに、独身なら、結婚相手に経済力のある人を選ぶのも実は収入アップの手段だし、すでに今、結婚していて片働きなら、妻も働いて(できたら正社員で!)共働きになれば世帯収入はアップします。下手な投資より収入アップにつながりますね。

 

関連コラム

大切なのは、まず生活資金と運用資金を分別すること

NISAはしっかり理解して利用すれば効果的!

豊田眞弓(とよだ まゆみ)プロフィール

FPラウンジ ばっくすてーじ代表
ファイナンシャル・プランナー、住宅金融普及協会住宅ローンアドバイザー、家計力アップトレーナー

こちらもおすすめ: