439992b5cd4f750761f0ce06513もともとの金額が大きいもの・決まって出て行くものは見直し効果が大きく節約のしがいがあります。代表的なものは住居費、保険料、マイカー費、習い事、パソコン・携帯などの通信費、家庭によっては衛星やケーブルテレビの契約など。

家賃なら引越しや大家さんとの交渉、住宅ローンなら繰上返済や借り換えなどの効果が大。
保険料も商品を比較検討すれば同じような内容で割安なものが見つかることもあります(ぜひご相談くださいね!)。

最近ではスマホを利用し始めたらパソコンの利用が減ったというケースもあり、使わないなら思い切ってパソコンのプロバイダー契約や高速回線等を解約すれば月5000円程度の削減ができます。
これらは自分の暮らし方や価値観に関わるものも多いので、一度、本当に必要か?出費に見合った効果を得ているか? 自問してみるといいでしょう。

 

豊田眞弓(とよだ まゆみ)プロフィール

FPラウンジ ばっくすてーじ代表
ファイナンシャル・プランナー、住宅金融普及協会住宅ローンアドバイザー、家計力アップトレーナー

こちらもおすすめ: