日本私立大学連盟「大学時報5月号」の巻頭特集は

「高等教育は持続可能なのか」でした。

こちらに4ページ寄稿させていただきました。

私の担当は、「世帯年収減少時代の高等教育の持続可能性」でした。

世帯年収は減り、公立も私立も授業料がアップする中、

親も学生本人もぎりぎりのところにいることを書きました。

 

前期だけ2コマの授業を担当させていただいている小田原短大でも、

アルバイトと学業で無理をしている学生が少なくありません。

 

教育は100年の計。

優秀な学生には、きちんと機会が与えられるべきで、

早く給付型奨学金を設けてほしいと思います。

 

一方で、

ネットで有名大学の授業を聴講できるなど、

これだけ教育に外部性がある中、

学びたければどのような形でも学べる時代です。

ほしいのは結局のところ、知識や知恵よりも学歴なのでしょうか。

 

13335795_633993440087066_2646151993791644376_n[1]

13418521_633993506753726_8806868812120564820_o[1]

DSC_090

DSC_09

 

こちらもおすすめ: