少し前、「大人の離婚・大人の事情」という企画の取材を受けました。

その記事が、マガジンハウス『ku:nel(クウネル)』7月号に掲載されました。

 

当初は、「結婚という枷を外して、人生を軽やかに羽ばたく女性たち」を

取り上げる、といったコンセプトだったと記憶しています。

残念ながら、結婚生活からの解放?という「自由」の代償は大きく、

離婚後に経済的に豊かになれる女性はかなり少ないですよ、

と取材前に水を差してしまったかも。

 

DVをはじめやむにやまれぬ離婚ではなく、

自由になりたい、

結婚生活を卒業したい、

これからひと花咲かせたい。

これを「ポジティブ離婚」と呼ぶのであれば、

それはそれで否定はしません。

自分のことを二の次、三の次にしてきた女性であればあるほど

憧れることでしょう。

しかし、実行するには代償を覚悟すべきです。

 

アラフォー、アラフィフでの離婚は、

一歩間違うと、離婚ビンボーへまっしぐらです。

 

「ポジティブ離婚」は、経済的な自立とセットでないと、

離婚を後悔する事態もあり得ることを

頭に置かないといけないと思います。

ku:nel (クウネル) 2016年 07月号 [雑誌]

13419001_1120845484661695_2082264374512434936_n

13423859_1120845494661694_7086515671925160358_n

13450213_1120845514661692_4409581943856379885_n

13434959_1120845464661697_1556787267569427812_n[1]

こちらもおすすめ: